暮らしとスポーツを“つなげる”、新たな取り組み「two-nagual
新コーナー「ひと」は、「two-nagual」の世界を体現する
各界のスペシャリストが、“仕事観”を語るロングインタビューです
第1回の「ひと」は、日本を代表する登山家、戸高雅史さん
戸高さんは、長年のヒマラヤ登山などで培った自然観を
ご自身が主宰する「野外学校FOS」などを通じて、多くの人々に伝え続けてきました

two-nagual 第1期「トレッキング」特別講師
とだか まさふみ/1961年、大分生まれ。登山家、登山ガイド。
1996年の世界2位K2単独無酸素登頂をはじめ、ナンガパルバット(1990年)、ブロードピーク(1995年)など、ヒマラヤの8000m峰の登攀でキャリアを築くとともに、子どもとファミリーのための自然体験教室「野外学校FOS」を立ち上げる。現在は、FOSを中心に、“命の共感”をテーマとした親子登山やファミリーキャンプなど、さまざまな体験プログラムを展開している。

安全に山を楽しんでもらうのが、登山ガイドの役割

登山ガイドとしてのスタートは、28歳の時です。
僕のヒマラヤでの活動を知った方たちが、“仲間を集めて応援してやるぞ”と、「戸高雅史後援会」を作ってくれました。

この後援会の方々と一緒に山に行く、山へ案内するという形でスタートしました。
この時のガイドは、親しい方々のグループがメインで、“その人たちに向いた山”へお連れしました。
険しい山に無理してお連れするのではなく、その人たちが行きたい、ちょうど良いとレベルの山に、少しチャレンジする感じでした。

日本にはいろいろな山があって、お弁当を持って楽しめる低山から、岩場がある2000m級や3000m級などの険しい山もあります。
岩場のコースには、鎖場やハシゴがあったりしますが、ガイドがいなくても、山の経験があれば、自分たちで登れる山はたくさんあります。
でも、天候によってルートが分かりにくくなったたり、そもそも天候の判断が難しかったり、冬山や残雪などで危険度が増したりします。

季節や天候によって山の難しさは変わるので、自分の力では不安な方たちのために、山の経験豊富な人がしっかり案内して、安全に山を楽しんでもらう存在が、登山ガイドです。

「野外学校FOS」の取り組みより(写真提供/戸高雅史氏)

「アウトドアを仕事にする人」の資質は、自然への、理解や共感

山は、モノとしてそこにあるのではなく、刻々と変化する自然そのものです。
だからこそ、山に身を置くことで、自分の生命力が触発されるのだと思います。
僕にとって、山は、僕が“生きる場”だと感じています。

そうした場に、人を案内するという登山ガイドは、自然に対する理解や、思い、共感があることが大前提の資質だと思います。
登山ガイドには、安全をホールドする役割はもちろんありますが、人はなぜ山に登るのか、何を体験するのか、そうしたことへの思いが、何よりも大切なのです。

「野外学校FOS」の取り組みより(写真提供/戸高雅史氏)

山にいる愉しみは、「自ずから、然らしむ」こと

僕は、自然という文字を、「自ずから、然らしむ」と好んで読みます。
例えば、“木が生えているから自然”ではありません。
木が、自らそこにある必然があるから、自然なのです。

日本の南北に延びる山の稜線では、多くの場合、西から強い風が吹きます。
ですので、稜線に生える木は、風下側の東に枝が伸びてゆきます。
一瞬一瞬に何らかの働きがあって、自然というものは形になっています。

さらには、僕のカラダの中にある細胞も、自然と共振し、自然の一部になっています。
そうしたことを感じられるのが、登山ガイドとして、僕が山にいる愉しみと言えます。

「野外学校FOS」の取り組みより(写真提供/戸高雅史氏)

子どもと登る、山の魅力

子どもと山に登るのは、とっても、大好きです(笑)。
理由は、僕がかなり子どもに近いから……。
子どもたちの中で一番得意なのは、なので、幼稚園児や保育園児ですね(笑)。

子どもたちは、 “今ここ”を、まさに生きています。
大人になるにつれ、社会の中で生きてゆくために、“今ここ”だけではなく、先の推測や、いろいろな物事のデザインが求められてきます。

でも、子どもは、“今ここ”を、まさに生きています。
自然は、 “今ここ”に生きている子どもにとって、一瞬一瞬ワンダーランドがどんどん拓ける楽しさに満ち溢れています。
森を抜けて、すぐ目の前に山頂が見えると、子どもたちは、間違いなく、走り出します。

見えたら走り出す、あの感覚、僕は、大好きです。
気持ちのまま、真っすぐ行けるあの感覚、それが美しい。
ある意味、それは命の本質でもあると思うのです。

「野外学校FOS」の取り組みより(写真提供/戸高雅史氏)

大人と登る、山の魅力

残雪期の富士山に登った時のことです。
その登山道の途中には、小さな昔の噴火口がありました。
その方は20代だったと思うのですが、ゴロンと噴火口に寝転んで、空を見上げて嬉しそうに微笑んでいました。
その光景が、何とも素敵でした。
山には、登るだけじゃない味わいがあり、それを楽しむことができます。

やっぱり人が好きなんでしょうね(笑)。
ガイドをしていると、確かに、上手く合わない方もいらっしゃいます。
それもネガティブな体験ではなく、ひとつの出会いです。
自分が得るものは、必ずあります。

何度も何度もご一緒させていただいている方は、やはり、芯の部分で通じるものがあります。
人なので、こればかりは、仕方ないですね。

「野外学校FOS」の取り組みより(写真提供/戸高雅史氏)

低い山の魅力

山は、日常から少し高い所に行くだけでも、意識が切り替わる場所です。
何年か前に僕は大けがをして、しばらく入院したのですが、院外散歩で最初に登った山は60mでした。
わずか60mなのですが、めちゃくちゃ感動したことが忘れられません。

山には、そこに行くための“登る”という行為があって、平地を歩くのとは違うギヤが働きます。
山が険しくなるほど、“どんな準備をしよう”など、恐怖感や危機管理で、敷居が高くなります。

低山は、ほどよく、山のエッセンスを味わえて、リスク的な部分もさほど心配ありません。
低山は、ある意味、山のエッセンスを贅沢に楽しめる場所なのです。

この続きは、『ひと「山を仕事にする」後編 登山家 戸高雅史さん』に、つながります!

『ひと「山を仕事にする」前編 登山家 戸高雅史さん』と、つながる!