暮らしとスポーツを“つなげる”、新たな取り組み「two-nagual
新コーナー「ひと」は、「two-nagual」の世界を体現する
各界のスペシャリストが、“仕事観”を語るロングインタビューです
第1回の「ひと」は、日本を代表する登山家、戸高雅史さん
戸高さんは、長年のヒマラヤ登山などで培った自然観を
ご自身が主宰する「野外学校FOS」などを通じて、多くの人々に伝え続けてきました

two-nagual 第1期「トレッキング」特別講師
とだか まさふみ/1961年、大分生まれ。登山家、登山ガイド
1996年の世界2位K2単独無酸素登頂をはじめ、ナンガパルバット(1990年)、ブロードピーク(1995年)など、ヒマラヤの8000m峰の登攀でキャリアを築くとともに、子どもとファミリーのための自然体験教室「野外学校FOS」を立ち上げる。現在は、FOSを中心に、“命の共感”をテーマとした親子登山やファミリーキャンプなど、さまざまな体験プログラムを展開している。

本当の危機は、「アウトドアを仕事にする」気持ちが薄まること

いちばん辛いのは、“登りたい”という気持ちが薄まった時です。
登山は、単に“ひとりの人が、山に入っている”だけのことなのかもしれません。
でも、自分の気持ちが、そうなりかけた時、“しばらく山に入るのを止めよう”と思いました。
自分の中で、“山に入りたい”、“人を山に案内したい”、“そうじゃないと、入ってはいけない”と感じたのです。

その頃、僕は一般の登山者を募集して、ガイドとして山に入っていました。
一般公募では、いろいろな方々のエネルギーを調整する必要があります。
自分中心の方、何としても頂上に立ちたい方、自分のペースで味わいたい方、いろいろです。
これを調整するのは、皆さんそれぞれに思いがある分、けっこう大変なことです。

ブロードピーク三山(写真提供/戸高雅史氏)

山と調和しながら登る

僕自身にエネルギーに溢れていた時は、それでも良かったのですが、自分の人生のタイミング的にも、この時期、山の時間をもっと大事にしたいと思うようになっていました。

僕自身のヒマラヤ登山の経験も、溢れるように登っていた時から、妻との結婚などを通じて、山と調和しながら登るように変化していました。
一般公募でのガイドを止めたのは、この感覚を共感、共有するできる方と山へ行きたい、そう思うようになったからです。
こうした変化も、ヒマラヤが節目になって、ひとつの形になりました。

ブロードピーク北峰山頂(写真提供/戸高雅史氏)

人生の、次の扉が開く瞬間

ブロードピークという、3峰が連なる山の無酸素での縦走は、僕自身の大きな転機でした。
長いヒマラヤ登山の経験のなかで、初めて自分でチームを組み、自分の思うスタイルで、勝負を掛けた登山でした。
しかも、ひとつめのピークを登った時点で、ルートを後戻りできないことが分かったのです。
生きて戻るには、3峰の縦走を成功するしか、選択肢がない……。

ベースキャンプまでは、妻も来てくれていました。
しかし、最後のアタックの前にして、彼女には「10日経っても戻らなかったら、独りで日本に帰って」と告げざるを得ない状況でした。
これが、僕たちの新婚旅行だったのですが……。

その登山の体験は、僕の登山の経験の中で、スパーンと次の扉が開く瞬間でした。

ブロードピーク中央峰への急登(写真提供/戸高雅史氏)

極限での5日間は、「ゾーンの領域」

生還するには先に行くしかないと気付くと同時に、実は、食料を落としてしまいました。
1週間で縦走する予定でしたが、残りの5日半は、水分だけで、食料はナシ。
過酷すぎる状況を前に、かえって僕は、今、この瞬間に、全てのエネルギーが注がれるのを実感しました。

生き物として、本能的に、先を考えるのではなく、“今”に集中できたのです。
スポーツの世界で言うと「ゾーンの領域」だと思うのですが、5日間ずっと続きました。
長年、その感覚を求めていた、“命って、この瞬間だな”を体感した5日間です。

それまでは、“8000mの山だから頑張らなきゃ”とか、“何があっても負けない、闘うぞ”みたいな気負いがあったと思います。
でも、ブロードピークの時は、いろいろな積み重ねが高まって、ひとつの段階を迎えました。
それが、僕が山と調和しながら向き合う、今のスタンスのひとつの原点になっています。

「野外学校FOS」の取り組みより(写真提供/戸高雅史氏)

山の初心者と行く時に、僕が気を付けていること

僕自身は、山との調和を大事にしています。
でも、初めて山に行く人に、僕が伝えたいことを言葉にしたり、前もってたくさんの知識を伝えるのは、もったいないことだと思っています。
その人の体験を、勝手に僕が作ってしまうようなことは、避けたいからです。

ただし、山を歩くのに良いリズム、カラダの重心の持って行き方や呼吸など、カラダの使い方をアドバイスすることはあります。
それを大事にすると、その人と山の世界や物語が、スッと始まるような気がするのです。

しっくりと歩く、休憩のひととき

最初から、“ゆっくり歩く”と言い聞かせるのも、無理があると思います。
今は、トレイルランニングやファストハイクが流行っていますから、ガンガン山を行きたい人は、一回やってみた方が良いですね(笑)。
そうしないと、気持ちの納まりが付きませんから。

そのうち、しっくりくる、山と一体感を感じるような、歩き方や走り方に出合えると思います。
休憩ひとつ取っても、歩いていて、自分がふっと感じるような場所があるはずです。
ですので、「50分歩いたら、10分休憩」と教科書的になるのも、もったいない気がします。

走りながらでも、速足でも、ふっと感じた場所、例えば大木の根元であったり、抜けた景色だったり、そういう所で、休憩のひと時を持っていただければよいと思います。
そんなふうに、山を一緒に楽しみたいという思から、子どもやその家族とアウトドアに親しむ「野外学校FOS」の活動をはじめたのです。

それにしても、今日はいいお天気と、素晴らしい景色でしたね。
さぁて、そろそろ山を下りましょうか。

ひと/登山家 戸高雅史さん「山を仕事にする」(後編)は、おしまいです

この続きは、皆さん自身で体感して、誰かとつながりましょう! ∞ 

∞ ひと/登山家 戸高雅史さん「山を仕事にする」(前編)と、つながる

∞ ひと/登山家 戸高雅史さん「山を仕事にする」(中編)と、つながる

∞ アウトドアの仕事術「山を仕事にする」スペシャル動画と、つながる