いざ、山へ! 
トレッキングに役立つ、ハウツー&プランニングの基本の“き”
アウトドアのスペシャリスト「野外学校FOS」が監修する
なるほど納得の「トレッキング」ショート動画で、サクサク学びましょう

トレッキング講師/伊丹崇さん(野外学校FOS)

●いたみ たかし カヤックやシュノーケリング、MTBやトレッキング、キャンプなど、海や山の広範なアクティビティに精通したスペシャリスト。NPO法人「国際自然大学校」などで、アウトドアプログラムの開発や指導者育成を長年務め、現在はフリーランスとして活動。登山家の戸高雅史さんが主宰する「野外学校FOS」には、2007年より参画している。

山では、気温や運動量に合わせて、重ね着(レイヤリング)することで体温を小まめに調整します。
大汗をかいたり、寒くて凍えることなく、体力を温存し、快適なトレッキングを心がけましょう。

足 : 登山靴+ハイキングソックス

上半身 : 重ね着で、体温調節を小まめに行います

肌着(ベースレイヤー)=汗を逃がす化繊やウール素材のロングTシャツなど

中間着(ミドルレイヤー)=保温性の高いフリースなど、気温に応じてチョイス

上着(アウター)=防風性のあるジャケットや雨具などで兼用

下半身 : 機能性の高い下着+動きやすい長ズボン+雨具兼用のアウターで快適さをキープ

Move created by ステレオタイフーンの秘密基地
Written by 大田原 透(two-nagual編集部)