いざ、山へ!
トレッキングに役立つ、ハウツー&プランニングの基本の“き”
アウトドアのスペシャリスト「野外学校FOS」が監修するなる
ほど納得の「トレッキング」ショート動画で、サクサク学びましょう。 

トレッキング講師/伊丹崇さん(野外学校FOS)

●いたみ たかし カヤックやシュノーケリング、MTBやトレッキング、キャンプなど、海や山の広範なアクティビティに精通したスペシャリスト。NPO法人「国際自然大学校」などで、アウトドアプログラムの開発や指導者育成を長年務め、現在はフリーランスとして活動。登山家の戸高雅史さんが主宰する「野外学校FOS」には、2007年より参画している。

街ザック、山ザック

荷物が大きくなるほど、ザックの背負い方ひとつで、疲れ方が大きく変わります。

∞ 街で見かける背負い方 : 肩のベルトを、マックス伸ばし、ザックのボトムがお尻の下に来るため、荷物が取り出しやすく、ザックがカラダから離れるため背中が蒸れにくい位置をキープ

∞ 山での背負い方 : 街の背負い方では、荷物が振られて、危険かつ疲れやすくなるため、ストラップをきちんと引いて調整し、カラダとザックを密着させます

調整するベルトは、おもに3つ!

肩:ショルダーベルト ⇒ ザックと背中と密着させる
腹:ウェストベルト(大きなザックの場合は、腰のヒップベルト) ⇒ 横揺れ防止
胸:チェストベルト ⇒ 横揺れ防止

腰に優しいザックの背負い方の動画も、併せて紹介しています!

Movie created by ステレオタイフーンの秘密基地