左端のピラミッド型の山が、丹沢・大山(1,252m)。右手に拡がるのは、塔ノ岳~蛭ヶ岳にかけての丹沢主脈。
中世から江戸時代にかけて、大山を中心に山岳修験道たちが拓いた山々。

いよいよ、暮らしとスポーツが“つながるtwo-nagualトレッキングも最終回!
フィナーレは、1000m峰に挑戦! 
都内から富士山を見渡すと、南のはずれに佇む美しい三角形の山、それが丹沢の大山(おおやま 1252m)です。
山中には阿夫利(あふり)神社も置かれ、大山詣として栄えた大山街道(現・国道246号線)の最終目標、山岳信仰の山です。大山修験の歴史と文化と自然豊かな、丹沢の表玄関、大山の頂からの絶景を目指します!
two-nagualサイトでは、伊丹さんによる役立つトレッキング動画を、皆さまのためにご用意しています。事前学習などにご活用ください!

期日 : 6月12日(土) 雨天決行 ※警報発令の可能性がある際は、前日中に決定します。
      (このイベントの募集は、すでに終了しております!)

場所 : 丹沢 大山(おおやま 1252m)

大山山頂の阿夫利神社上社。大山は、別名、雨降山とも言われています。

■講師兼ガイド : 
▶ 戸高雅史さん(野外学校FOS主宰)/
登山家、登山ガイド。two-nagual 第1期「トレッキング」特別講師。1996年の世界2位K2単独無酸素登頂をはじめ、ナンガパルバット(1990年)、ブロードピーク(1995年)など、ヒマラヤの8000m峰の登攀でキャリアを築くとともに、子どもとファミリーのための自然体験教室「野外学校FOS」を立ち上げました。現在は、FOSを中心に、“命の共感”をテーマとした親子登山やファミリーキャンプなど、さまざまな体験プログラムを展開しています。

▶ 伊丹崇さん(野外学校FOS)/
カヤックやシュノーケリング、MTBやトレッキング、キャンプなど、海や山の広範なアクティビティに精通したスペシャリスト。NPO法人「国際自然大学校」などで、アウトドアプログラムの開発や指導者育成を長年務め、現在はフリーランスとして活動。登山家の戸高雅史さんが主宰する「野外学校FOS」には、2007年より参画している。3回目も講師を務 めます。

スケジュール :  

9:00 集合(蓑毛《みのげ》バス停) 
   ご参考 : 新宿駅より小田急小田原線の急行にて約1時間15分、秦野《はだの》駅で下車後、
バス約20分。8:43、8:57着予定の神奈川中央交通バス便があります
受付 オリエンテーション&アイスブレイク

9:30 レクチャー&出発準備

10:00 蓑毛登山口(標高310m)スタート
沢沿いの登山道からスタートし、尾根に登ってから一部登山道ではないエリアへ。
第2回の地図読みを思い出しながら、地形の変化や自然の変化を楽しみましょう!

11:30頃 イタツミ尾根に合流(標高870m)
ここからは、一般登山客も多くなってきます。一般登山客に配慮しながら、気持ちの良い尾根を進んで
山頂を目指しましょう

12:30頃 大山山頂(標高1252m) 到着
お昼休憩&のんびりタイム ※ 山頂にトイレあります(使用料100円をご用意ください)

13:30  下山開始
表参道と呼ばれるコースを下ります

14:30頃  阿夫利神社下社、到着
 1日のふりかえりと全3回のまとめ。トイレあります(使用料50円をご用意ください)

15:00頃  解散 阿夫利神社下社 
ご参考 : 阿夫利神社からは、大山ケーブルカーで下山できます
大山ケーブル駅から、バス停までは、徒歩で10分ほどの下り道です
神奈川中央交通バスで、小田急小田原線の伊勢原駅へ約25分です
伊勢原駅から新宿駅までの所要時間は、急行利用で約1時間です

大山山頂から相模湾を望む、この絶景を目指して登ります!

【服装】
・肌の露出を避けるために、長ズボン(もしくは短パンにロングスパッツ)を着用ください。
・靴下は、くるぶしソックスではなく、長めのタイプを着用ください(ヒルがいる可能性があるので、足回りの露出をなくすためにも「くるぶしソックス」は避けてください)。
・上半身は、暑い場合は半そででも構いませんが、薄手の長袖を羽織れるようにお持ちください。

【靴】
・登り口から山頂までの標高差が900mほどのトレッキングですので、登山靴があると安心です。
・前回の地図読みで、足元に不安を感じた方は、軽めの登山靴(トレッキングシューズ)をご用意ください。

【持ち物】
・リュックサック/両肩で背負って、両手が自由になるもの。20リットル~30リットル程度の大きさ(今回の持ち物が入る大きさであればOK)。
・昼食/おにぎりやサンドイッチなど、手軽に食べられるものがおススメ。
・おやつ(行動食)/クッキーやおせんべい、ゼリー飲料など、かさばらずに手軽に口にできるものがおススメ。熱中症対策として、塩飴や塩タブレットなども効果的です。
・飲み物/目安は、500mlペットボトルを2本以上(水1本と、お茶かスポーツドリンク1~2本がおススメ)。
・帽子/日差しや危険から頭を守りますので、忘れずに。
・雨具/上下セパレートタイプのしっかりしたもの。晴れていても必ず。
・マスク、手消毒、常備薬/汗をかきますので、マスクは予備もお持ちください。
・タオルや着替え/必要に応じてお持ちください。
・その他/虫よけ、日焼け止め、絆創膏など、各自必要と思われるものをお持ちください。
ヘッドライトをお持ちの方は、お持ちください(今回は必携ではありません)。
・ヒル除けスプレーは、こちらでご用意いたします。

大磯からの大山。江戸時代、東海道を歩いたお伊勢参りの旅程にも大山詣が組み込まれ賑わった。

感染症予防に関して : 最終のご案内時に添付する「新型コロナウイルス感染リスクに関する申告と同意のお願い」をお目通しの上、記載事項をご記入になり、用紙を受付にてご提出願います(受付でも、ご用意いたします)。感染症予防のため、運動時や撮影時などのほかは、できる限りマスク着用をお願いします。体調が優れないなど、感染症対策上で問題がある方は、参加をご辞退ください。その他詳細は、弊社サイトにてご確認ください。

撮影にご協力ください : 当日の模様は、暮らしとスポーツが“つながるtwo-nagualサイトでご紹介いたします。取材スタッフがお声掛けを致しますので、ご協力ください。

■12日当日のスタッフ緊急連絡先:(株)クラブビジネスジャパンtwo-nagual 担当:080-5490‐4676