ヨガのセッションの締めくくりに、必ず行われる
誰もが大好き「死体のポーズ」!
極意を、ストラーラ東京代表の石毛志穂さんに聴きました。

石毛志穂さん(ストラーラ東京)                               

いしげ しほ/アメリカ、オハイオ州シンシナティ生まれ。小学校の途中から高校卒業まで、大阪・神戸で過ごす。卒業後はサンフランシスコをベースに、ユナイテッド航空にキャビンアテンダントとして就職。光半導体の製造機器、ベンチャー企業、医療機器、スポーツアパレルなどに従事。その後、2010年にリーボック(アディダスジャパン)に就職し、帰国。両親2人の介護を契機に、2015年、ストラーラ東京を設立する。現在は、ストラーラ東京を運営するかたわら、都内を中心にヨガイベントや企業クラスを企画・運営。

究極の脱力へ、カラダのパーツごとにリラックスさせる

死体のポーズは、ヨガのクラスで一番人気のポーズ!
死体と聞くと驚く方もいますが、死体のポーズは、究極のリラックス状態です。
しっかりヨガをやったクラスの最後に、このポーズで脱力して、カラダを休めます。
コツは、脱力すること。
呼吸をコントロールせず、リラックスして、何も考えずポーズを楽しみます。
目を閉じて、ただただリラックスします。

死体のポーズ、やってみよう!

仰向けになり、腕を伸ばします。
両手の手の平は、空。
脚は、肩幅に開き、リラックスします。
呼吸を落ち着けながら、おでこから力を抜きます。
眉毛、そして眉間から力を抜いてゆきます。

(ここから先は、1文ずつ、ゆ~っくり読んでください)

から、力を抜きます。

も、力を抜きます。

アゴの力を抜きます。

からも、力を抜きます。

そして、顔全体から力を抜いてゆきます。

続いて、の力を抜きます。

から、力を抜きます。

ヒジも、力を抜きます。

手首から手の指先まで、力を抜きます。

上半身から下半身、脱力を拡げてゆきます

加えて、の力を抜きます。

次に、背中から、力を抜きます。

おヘソも、力を抜きます。

お尻ヒップ回りから、力を抜きます。

お腹上半身全部から、力を抜きます。

太モモの力を抜きます。

モモ裏(ハムストリングス)も、力を抜きます。

から、力を抜きます。

ふくらはぎの力を抜きます。

スネも、力を抜きます。

そして、足首の力を抜きます。

足の指先まで、力を抜きます。

全身、脱力しています。

次の吐く息で、全身をさらに脱力させます。

吐く息で、精神の力、マインドの力も、抜いてゆきます。

このままの状態で、お休みします。

脱力の余韻を味わいます

少しずつ、意識をカラダの中心に向けて、引き寄せましょう。

呼吸も、優しく、長く、深~くして、酸素を、カラダの中に取り入れます。

手足の指先を少し動かして、カラダの感覚を取り戻します。

心地よければ、両手を頭の上で組むか、バンザイをします。

大きな息とともに、大きな伸びをして、息を吐いて脱力です。

脱力の余韻を味わってゆきます。

ゆ~っくり、カラダを目覚めさせます

準備ができたところで、片膝ずつゆっくり立てて、ゆっくり両膝を抱え込みます。

あごを少し引いて、首の後ろを床と平行にします。

軽く左右に揺らし、右回り、左回り、静止など、心地よい動きを数呼吸、続けます。

準備が整ったところで、左右の好きな方向へ転がり、腕を伸ばした仰向けの姿勢に戻ります。

本日のシャバア―サナ(死体のポーズ)、終了です。

Movie created by ステレオタイフーンの秘密基地