こんにちは! 暮らしとスポーツが“つながる”two-nagual編集部です。
各都道府県で、電車でアクセス可能な日帰り登山を紹介していくコチラの企画。

バスは禁止、ケーブルカーはギリギリセーフ! という鉄の掟に従って、山々を紹介しています。
第3回は、埼玉県を代表する名山・武甲山(ぶこうさん、1304m)についてご紹介します。

目次

●埼玉が誇る秩父の名山! 武甲山の基本情報

●武甲山へのアクセス方法

●武甲山の登山ルートをご紹介

●武甲山のおすすめスポット

●2021年コロナ禍の最新情報! 武甲山の状況と周辺施設をご紹介

埼玉が誇る秩父の名山! 武甲山の基本情報

武甲山は、埼玉県にある秩父を代表する名山で、首都圏からも日帰りで登ることができます。
日本二百名山にも指定されていますが、標高は1304mとそこまで高くありません。
武甲山は石灰岩の採掘が行われており、山の北側の石切り場は痛々しく、見た目はまるでピラミッドのよう。
ゴツゴツとした岩肌の山はまさに圧巻。
一度は必ず登りたい美しい名山です。
季節関係なく1年を通して登れますが、おススメなのは4月中旬から5月初旬。
武甲山のふもとにある羊山公園は約40万株の芝桜で彩られ、登山へ向かう人々を華やかにお出迎えしてくれます。
その姿はまさに圧巻です。

出典:http://www.city.chichibu.lg.jp/1853.html

武甲山へのアクセス方法

武甲山へは、電車でも車でもアクセス可能です。
電車で向かう場合は、西武秩父線「横瀬駅(よこぜえき)」を目指します。
都内からであれば、乗り換えを含めて約2時間。
西武秩父線は、秩父のセメントを運ぶ目的もあって開業した山岳路線。
車窓からは、正丸トンネルをはじめ秩父の山里を楽しめます。

横瀬駅から、徒歩で登山の起点である鳥居口まで向かいます。
車で向かう場合には、国道299号線沿いの一の鳥居駐車場に、30台程度無料で停められます。
一の鳥居から鳥居口まで徒歩で向かいます。

武甲山の登山ルートをご紹介

武甲山の登山ルートは橋立コースと表参道コースの2種類あります。
しかし、2019年10月13日に起こった台風13号の影響により、現在橋立コースが通行止めとなっています。

現在通行可能な表参道コースをご紹介します。

【表参道コース】

一の鳥居が表参道コースのスタート地点となります。
一の鳥居へは、徒歩で約90〜120分。
秩父らしさを感じさせるコンクリート工場が並ぶ生川(うぶがわ)に沿って歩いていきます。
なお、人数が揃っていたり、日が短い冬場などはタクシー利用も便利です。

駐車場が見えてくるので、その奥の舗装道路が登山コースです。
登山時間ですが、登りがおよそ4時間、下りがおよそ3時間半です。
登山口より登っていくと、途中でコンクリート舗装路の急な坂が見えてきます。
登山道は全体的に足場がしっかりしているため、初心者でも安心して登れます。

登山道をしばらく進むと、「不動滝の水場」が見えてきます。
そこから1時間から1時間半ほど登ると、大きな広場に出るので、休憩を挟むと良いでしょう。
広場から、また1時間ほど歩くと御嶽神社があります。
ここまで来たらあと少しで山頂。
山頂からは秩父の街並みを一望でき、疲れも忘れてしまいます。

帰り道は同じ道を下ってもいいですが、南尾根のシラジクボという道も一の鳥居へ戻れます。
急な下り坂なので、足元に注意しながらゆっくり下りましょう。
なお、下山路は往路と比べてペースが上げられるので、登った時間から30分ほど引いた時間を目安にしましょう。

武甲山のおすすめスポット

武甲山エリアには、おすすめのスポットがいくつかあります。
一つずつご紹介します。

【御嶽神社】

御嶽神社は武甲山の頂上にあり、毎年5月1日になると山開きの神事が行われており、多くの登山客でにぎわいます。戦国時代には一度焼失したものの、当時この地域を支配していた小田原北条氏によって再建されました。

【武甲山の樹木】

山頂へ向かう道中では、一面の笹やカラマツの林などを楽しむことができます。
秋になると、カラマツが黄色に染まり幻想的な姿を見せます。
気持ち良く登れる秋は、おススメのシーズンです。

【橋立堂】

橋立コースの起点にあり、石灰岩の岸壁に建つ橋立堂は、江戸中期に建てられた歴史ある建物。
その奥には、手軽に冒険気分を味わうことができる橋立鍾乳洞があります。
入場料は、大人が¥200、子どもが¥100です(いずれも税込み)
ヘルメットの貸し出しは、無料です。
最寄は、秩父鉄道の「浦山口(うらやまぐち)」駅。徒歩約15分です。
※12月中旬から2月中旬は閉鎖。

2021年コロナ禍の最新情報!武甲山の状況と周辺施設をご紹介

コロナ禍にある2021年現在ですが、武甲山にも観光客が少しずつ戻ってきています。
武甲山近くにある施設などを、最新情報とともにご紹介します。

【武甲温泉】

出典:http://www.buko-onsen.co.jp/hours/

武甲温泉は、文字通り武甲山のふもとにある天然温泉で、西武秩父線「横瀬駅」より徒歩約10分。
名物の炭酸泉や硫黄温泉の露天風呂、サウナなどを完備した清潔感あふれる温泉です。
日帰りも宿泊も両方可能です。

武甲山の帰りに立ち寄るのが、おすすめです。
平日料金:一般(中学生以上)¥700 子ども(小学生以下)¥400
土日祝および指定期間:一般(中学生以上)¥900 子ども(小学生以下)¥500
※金額は全て税込み

住所:〒368-0072 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4628-3
電話番号:0494-25-5151
営業時間:10時〜22時
※2021年7月現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、時短営業中。(21時閉館)
定休日:年中無休
公式サイト:http://www.buko-onsen.co.jp/hours/

【道の駅果樹公園あしがくぼ】

出典:http://www.yokoze.org/shisetsu/michinoeki_kajukoen_ashigakubo/

西武秩父線「芦ケ久保(あしがくぼ)」駅に隣接する道の駅で、登山前や登山後にちょっとした腹ごしらえができます。食堂では、秩父名物みそポテトや、自家製そば・自家製うどんなど豊富なメニューを楽しめます。
水辺のカフェでは、大人気のプレミアムソフトクリームを味わえます。

住所:〒368-0071 埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保1915-6
電話番号:0494-21-0299
営業時間:8時30分~18時(3月~11月)、9時~17時(12月~2月)
※施設内の店舗によって営業時間が異なるため、注意が必要
※2021年7月21日〜8月31日まで、夏季営業時間とります。
直売所:全日8時30分~18時
いわざくら館:全日10時~17時
食堂:平日10時30分~15時30分
   土日祝10時30分~16時30分

公式サイト:http://www.yokoze.org/shisetsu/michinoeki_kajukoen_ashigakubo/