こんにちは! 暮らしとスポーツが“つながる”two-nagual編集部です。
各都道府県から、電車のみでアクセスできる、日帰り登山を紹介していくコチラの企画。
バスは禁止、ケーブルカーはギリギリセーフ! という鉄の掟に従って、山々を紹介しています。
第7回は、JR中央本線 藤野(ふじの)駅、相模湖(さがみこ)駅からエントリー可能で、初心者でも登れる陣馬山(じんばさん、標高855m)についてご紹介します。

目次

●初心者でもOK! 東京と神奈川県にまたがる陣馬山の魅力

●日帰り可能! 電車で行く東京都の名山・陣馬山へのアクセス方法

●電車からアクセス可能な陣馬山の登山コース

●登山後は温泉がおすすめ! 疲れたカラダを休めよう

●2021コロナ禍最新情報と周辺の飲食店をご紹介

出典:https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=375

初心者でもOK! 東京と神奈川県にまたがる陣馬山の魅力

陣馬山は、東京都と神奈川県の境にある標高858mの山で、「関東の富士見百景」、「かながわの景勝50選」にも選ばれています。
陣馬山の山頂からは、360°の大パノラマが広がり、まさに絶景。

東京都内から電車を使って日帰りでアクセス可能。登山ルートも整備されているため、子どもから大人まで登山を楽しめます。

後ほど詳しく紹介しますが、山頂までのコースも複数あり、何度訪れても、違った登山を楽しめます。
トレイルランを楽しむ方に、高尾山(たかおさん、標高599m)をスタートして、城山(しろやま、標高670m)、景信山(かげのぶやま、標高727m)を縦走して陣馬山へ至るコースも人気です。

陣馬山のふもとは、立ち寄れる温泉があり、下山後の多くのハイカーたちで賑わいます。

1年を通して登れる山ですが、お勧めの季節は春。桜の名所として有名で、「八王子八十八景」にも選定されています。
秋には紅葉も有名なスポットです。

ちなみに、名前の由来は、戦国時代に北条氏と武田氏が争い、“陣”を構えた場所だったことから「陣場山」とも書くそうです。

日帰り可能! 電車で行く東京都の名山・陣馬山へのアクセス方法

陣馬山へのアクセス方法をご紹介します。
陣馬山へは、電車で簡単にアクセスできます。

陣馬山への登山は、JR中央本線「相模湖」またはJR中央本線 「藤野駅」を利用します。

JR中央本線「相模湖駅」へは、都内から約1時間。
中央線の特快に乗って「高尾駅」で乗り換えて一駅。相模湖駅に到着です。
新宿駅からの料金は、990円(税込み)。
藤野駅は相模湖駅のひと駅先です。乗車料金は変わらず990円(税込み)です。

都内から十分日帰りで行ける手軽さが嬉しいポイント。
下山後、ゆっくり温泉に浸かり、美味しいものを食べて、電車で寝ながら帰るのも幸せですね。

本数は少ないですが、東京駅までの直通もありますので、事前に調べておくことをおすすめします。

陣馬山の登山コースを簡潔にご紹介

陣馬山への主要な登山コースは5つあります。
※所要時間は登山口から山頂までの目安の時間です。

■相模湖駅スタート

【与瀬(よせ)コース】

所要時間:約3時間(片道)

JR「相模湖」駅から登山口へは、徒歩20〜30分。与瀬神社の急階段を登った先から始まります。傾斜40度の急階段を50段ほど登り、登山がスタートします。
ここで体力を使い果たさないよう気を付けてください。
与瀬神社から、明王峠まで約2時間〜2時間半。明王峠には茶屋やトイレがあり、休憩ができます。
峠の道標を西に約40分向かうと陣馬山に到着です。

ちなみに、峠の道標を東へ向かえば、景信山を経て高尾山へ行けます。

藤野駅スタートの3コース

登山口までは、神奈川中央交通西バス5分の距離ですが、バス禁止の鉄の掟。
藤野駅から、御岳神社方面へ約30分歩けば登山道入口です。
ここから3コースの登山道がはじまります。

【一ノ尾尾根(いちのおおね)コース】

所要時間:約2時間(片道)

一ノ尾尾根コースは、山頂までは標識もあり、道も整備されているため迷う心配はありません。
なだらかで気持ちが良く、家族連れにも人気のあるコースです。
下山の所要時間は、およそ1時30分です。

【栃谷(とちや)尾根コース】

所要時間:約2時間(片道)

栃谷尾根コースは、陣馬山で1番古く、見晴らしが良いコースです。
一ノ尾尾根コースとの分岐から、栃谷川を右に眺めながら林道(舗装路)を上がったところがスタート地点です。
山頂までは約1時間半。古道ではありますが、道は整備されているので、安心です。
一ノ尾尾根が人気なコースだけに、タイミングによっては人が少なく、静かな登山を体験できます。

栃谷尾根コースでは、休憩所とトイレが1か所しかありません。
登山口付近にある栃谷休憩所で、お手洗いを済ませましょう。

【奈良子(ならこ)尾根コース】

所要時間:約2時間〜2時間30分(片道)

登山口より20分ほど栃谷尾根コースと同じ道進みます。
栃谷尾根コースとの分かれ道から、1時間歩くと奈良子峠に出ます。
奈良子峠では、与瀬コース 明王峠からの道と合流して、約40分で山頂です。
奈良子尾根コースは、緩やかな傾斜がほとんどなので、初心者でも登りやすいコース。道も比較的整備されているため、体力に自信がない人におすすめです。

また、緩やかな坂道を歩くコースで、途中に立ち寄り湯(旅館)もあるので、下山の際に人気のコースです。

■その他の登山ルート

【奈良本(ならもと)コース】

所要時間:約3時間30分(片道)

奈良本コースは、1年に1回開催される、陣馬山トレイルレースで利用されているコースです。

まずは、藤野駅より徒歩約30分、登山口の奈良本園地休憩所を目指します。
奈良本園地休憩所から約2時間は、針葉樹や広葉樹の中を進む道のりです。
暖かい季節には、明王峠付近で、サクラやツツジ、スミレなどの植物を見ることができます。
富士山も展望できる明王峠から、奈良子峠を通過し、約徒歩50分かけて山頂へ到着です。

【新ハイキングコース】

所要時間:約1時間(片道)

新ハイキングコースは、和田峠から林道を陣馬高原下バス停まで歩くルートです。
陣馬高原下バス停までを、1時間に1本もしくは2本ペースで運行しています。
荒天時やトラブル時のエスケープに使えるので、覚えておきましょう。

山頂は360度の絶景!

山頂に着くと、ゴールを知らせる白馬の像が出迎えてくれます。
ちなみに、これは1960年代後半に、京王電鉄が観光地として売り出すためにシンボルとして作ったもので、登頂者の多くが記念撮影をしています。

画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3998949?title=%E9%99%A3%E9%A6%AC%E5%B1%B1%E3%81%AE%E5%B1%B1%E9%A0%82&searchId=1383875706

また、陣馬山山頂は、様々なグルメがあり、食事ができる茶屋が3つあります。
なかでもおすすめは「信玄茶屋」。ドーナツとコーヒーがセットとなった「岩清水KEYコーヒー」は、疲れたカラダにピッタリです。

登山後は温泉がおすすめ! 疲れたカラダを休めよう

【陣場の湯】

奈良子尾根コースの途中にある陣馬の湯(陣谷温泉)は、人気の立ち寄り湯スポットです。
藤野駅から徒歩約45分の場所にあります。
宿泊施設内にある温泉ですが、宿泊状況によっては日帰り温泉としても営業しています。
※日帰り温泉として利用したい場合、事前連絡が必要。
料金は1人¥1,000(税込み)。

4年に1度作り替える桧風呂と、四季折々の山菜や川魚料理・猪鍋が楽しめます。
開放感のある風呂からの絶景と、栃谷川の水の音で心身ともにリラックスできること間違いなし!

住所:〒229-0202神奈川県相模原市緑区吉野1778
電話番号:0426-87-2363
公式ホームページ:https://info-fujino.com/hotel/214.html#more-214
営業時間:10時〜18時(宿泊客は24時間入浴可能)

【さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト】

与瀬コースを下山道に選んだ場合、相模湖駅がゴールとなります。
そこからバスで8分、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストに行くことができます。

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストは、遊園地やキャンプ、温泉などが備わった複合レジャー施設です。
季節ごとのイベントも開催されており、家族や友人と楽しめるのも魅力の1つです。

出典:https://www.sagamiko-resort.jp/spa/index.html

この施設の温泉は、源泉や高濃度炭酸泉を扱っており、サウナなどを含んだ8種類のお風呂を存分に味わうことができます。
また、岩盤浴も完備。他にも、庭園を眺めながらくつろげるシートもあり、リラックスできるスペースも用意されています。

料金は、タオルセットなしの場合、大人1080円、小学生以下600円(全て税込み、土日祝日・繁忙期)、2歳以下は無料です。
平日料金やタオルセットありのプランもあります。岩盤浴などは、別途料金が発生しますので、ご注意ください。

温泉以外にも、キャンプやBBQなどの家族向けのエリアもあるので、家族での登山後、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

住所:〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
電話番号:0570-037-353
※アナウンスに従いお問い合わせください。
公式ホームページ:https://www.sagamiko-resort.jp/
営業時間:11時~22時(平日)、10時~22時(土日)、最終受付は21時30分
※8月時点の営業時間です。月によって異なる可能性があるので、公式サイトをご確認ください。

2021コロナ禍最新情報

2021年コロナ禍の陣馬山最新情報をお伝えします。

新型コロナウイルスが感染拡大しているため、陣馬山山頂の茶屋は緊急事態宣言中は休業しています。
詳しくは、下記の陣馬山 山下屋の公式ホームページをご覧ください。
陣馬山 山下屋:http://jinbasan.com/diary/diary.cgi

また、2021年8月15日現在、奈良子峠〜明王林道交点が通行止めとなっています。
https://www.ces-net.jp/takaovc/?p=3209

今回紹介のルートは、利用しない箇所ですが、エスケープルートを想定する際は、事前に確認することをおすすめします。

陣馬山へ登る際は、感染症対策をした上で、安全に配慮して登ってくださいね。

参考資料
藤野観光協会:https://info-fujino.com/
陣馬山登山ハイキングマップ:https://info-fujino.com/map/jinba0130.pdf
楽天トラベル:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/32103/32103.html
登山口ねっと:https://tozanguchi.net/jinbasan_fujino/