人生一度は、湘南サーファー!
はじめの一歩を踏み出せていない方のための、動画で学ぶ、湘南のサーフカルチャー超入門です。
教えてくれるのは、湘南の海を裏も表も知る、ライフセーバーにしてサーファーの遠藤大哉さん。
海のさまざまな楽しみ方を知る、遠藤流のユニークなレッスンをお届けします。

遠藤大哉さん(NPO法人「バディ冒険団」代表)

えんどう ひろや/1968年、東京狛江生まれ。東京工科大学特任准教授、日本体育大学ライフセービング部監督、元ライフセービング全日本チーム監督。学生時代には、パドルボードで全日本選手権に優勝。サーフィンのインストラクターの資格も持ち、湘南の西浜でNPO法人「バディ冒険団」を主宰している。

パドリング=漕ぐこと。
サーフィンのパドリングは、手で水を掻いて進みます。
パドリングは、2つのシーンで行います。
ひとつは、沖に出る時
そして、波をつかむ(乗る)時にも、パドリングをします。

パドリングする際は、ボードの前後と左右の中心に、自分のへそを合わせます。
この状態で、手を交互に掻いて前に進みます。
大切なのは、頭の位置を高くすること。
両脚は閉じ、みぞおちの辺りを板に押し付けてバランスを取ります。
肘を立ててパドリングすることで、力強く漕ぐことができます。

波に乗る時には、さらに力強くパドリングを行います。
短い距離を、肘を立てたパドリングで、一気に波を掴みます。

パドリングは、頭を上げた姿勢で行います。
頭を上げる際、胸を反らせると、背筋がすぐに疲れます。
頭を上げる際は、胸を反らさず、お腹を凹ませ、体幹の力でパドリングを行います。

自宅で練習してみましょう。
腹ばいになって、お腹を凹ませた状態を作ります。
この状態から、両手を前に上げ、30秒キープします。
慣れてくれば、一段とパドリングが上手くできるはずです。

同じ動きを、今度は、仰向けで行ってみます。
注意したいのは、背中と床の隙間。
お腹を凹ますだけで、背中と床に隙間を作らないようにします。
そのまま、両腕でバランスを取り、背中を丸めたまま、上体を起こします。
長時間のパドリングでも、疲れず、楽に、素早く波を掴めるはずです。

次回は、「みんなが愛する海だから、五つのビーチの掟(おきて)!」をお届けします!

Movie created by ステレオタイフーンの秘密基地