憧れの湘南で、サーフィンデビュー! 
でも、“はじめ方が分からない”という声が多いのも事実。
そこで、湘南の西浜でNPO法人「バディ冒険団」を主宰する、ライフセーバーにしてサーファーの遠藤大哉さんに、スマートな“サーフィンのはじめ方”を聞きてみました。

遠藤大哉さん
えんどう ひろや/1968年、東京狛江生まれ。東京工科大学特任准教授、日本体育大学ライフセービング部監督、元ライフセービング全日本チーム監督。学生時代には、パドルボードで全日本選手権に優勝。サーフィンのインストラクターの資格を持ち、湘南の西浜で子どもたちを中心にアウトドアの楽しさを伝える、NPO法人「バディ冒険団」を主宰している。

世界でも稀な、穏やかで安全な海

鎌倉から江ノ島にかけての海は、穏やかで安全です。
もちろん比較の問題ですが、最大の魅了だと思います。
安心して海に入れる、これほど広いエリアは、海外にはなかなかありません。

茅ケ崎の烏帽子岩から江ノ島、逗子、そして葉山で、ひとつのエリアを形作っていると思います
このエリアでは、サーフィン、パドリング、スイミング、セーリングの4種目を楽しめます。
サーフィンをはじめるには、ベストな環境です。

海への入口は、無数! 想像よりも、もっと自由です

“湘南に住んで、サーフィンをはじめたい!”
藤沢周辺で、そうして引っ越してきた方は、本当に増えました。
でも、どこから始めるか、誰に相談するか、残念ながら、この方たちは知りません。

イメージとして、「サーフショップに通わないと、サーフィンをしちゃいけない……」と思われているようです。
もちろん、そんなことはありません(笑)。
最低限のルールは守らなくてはいけませんが、海は、もっと自由です。

海の楽しみは、たくさんあります。
もちろん、私が主宰しているNPO法人「バディ冒険団」や、湘南にたくさんあるサーフィンのスクールも、海への入口のひとつです。
それだけではありません。

サーフィンのために、海で泳ぐことを学ぶのも、入口のひとつです。
波のない日のために、パドルボードやカヤックを始めるのも、入口のひとつです。
どこが入口でも良いと思います。

湘南の海を楽しむ入口となる“場”を、私はもっと提供したいと考えています。
こうしたムーブメントは、もっともっと可能性があると感じています。

DCIM\100GOPRO\GOPR0960.JPG

自分で、海に、行ってみよう!

私たちにできるのは、人と自然がつながる“場”の提供だけです。
なので、NPOの「バディ冒険団」やサーフィンスクールという“場”を通じて、せっかく自然とつながったら、参加された方々は、そのつながりを大切にして欲しいと願っています。

それには、イベントやスクールに行くだけでなく、自分でも海に行くことです。
ショップの会員になっても、会費を払っていても、1回しか行っていない……。
もったいなさすぎです。

海でのリスクは、普段から自分で海に入ることで、下げられます。
海には、楽しめるところと、危ないところがあります。

危ないところを、我々はハザードと呼びます。
ハザードは、教科書的に全てを覚えることができません。
経験を通じ、どこなら安全に波に乗れるかなどを理解し、学んでいきます。

浜にいるライフセーバーは、ハザードに熟知しているので、アドバイスを受けてみることをお勧めしす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海に行けなくても、海とつながる

常に海へ行けなくても、海とつながっている意識を持つことも大切です。
波は、さまざまな気象条件で変化します。
都会にも、空はありますし、自然を感じることはできます。

でも、普段の生活では、なかなか、空や自然に目を向けません。
空を見て、波の状態を想像する。
そうした積み重ねも、リスクを下げることにつながっています。

私たちの健康は、地球の健康とつながっています。
こうしたつながりを大切にすることで、自分も健康になりますし、ひいては地球も健康になります。

日常のフィットネスと、海をつなげる

サーフィンも、始めたばかりの頃は、気持ちよく波に乗れません。
ボードの上に立つのも大変し、海に行くのもひと苦労のはずです。
でも、陸でできる準備もたくさんあります。

週末、海に行くために、日常的にカラダの準備をしておく
それだけで、日常のフィットネスとマイスポーツがつながります。
金曜の晩に深酒するのではなく、早めに切り上げて翌朝の準備をする。

こうしたことが生活の中で循環すると、それがライフスタイルになってゆくのです。